住宅ローン残債を請求され、分割払を打診してしまったが、時効で解決となった事例 |東京都台東区 債務整理に注力している弁護士です 借金問題無料法律相談 秋葉原よすが法律事務所【東京弁護士会所属】

解決事例

解決事例一覧

住宅ローン残債を請求され、分割払を打診してしまったが、時効で解決となった事例

任意整理

Oさん

50代

女性

会社員

相談前

約10年前、ご相談者は住宅ローンを返済することができなくなり、不動産は売却されました。売却金でローンを返済しきれず、住宅ローン保証会社に対する借金として残ってしまいました。最近になって、その借金を引き継いだという会社から、90万円の請求書を受け取りました。ご相談者は不動産売却以後全く支払いをしておらず、今になって突然請求が来たことにびっくりして、会社に電話しました。担当者が言うには、90万円は元金だけの金額だが、それさえ支払ってもらえればよいということでした。ご相談者は、元金だけとはいっても金額が大きいため、分割での支払いを打診したのでした。その後、この借金は時効ではないかと思うようになって、当事務所にご相談にお越し頂きました。

相談後

●当事務所が時効手続きを進めていったところ、結論として、会社が時効を認めました。●一般論としては、時効期間満了後に分割払いの打診をしたということは、会社に対して「支払義務があると認めたのだから、時効は主張してこないだろう」という期待を持たせたのではないか、だとすればその後時効を主張することは許されないのではないか(=一旦払うと言っておきながら払わないというのは、矛盾した行動で許されないのではないか?)といった問題が出てきます。●本件では時効で決着となりましたが、会社が交渉で時効を認めず、裁判になることもあります(結局時効にならないリスクもあります)★時効を争われるリスクを下げるためには、昔の借金で請求書を受け取ったら、まず弁護士に相談することです。

その他の解決事例

支払督促に異議申立、時効援用の結果取下げ・債務ゼロとなった事例

任意整理

Nさん

30代

男性

自営業

支払督促が、簡易裁判所からNさんのもとに届きました。支払督促の内容を見ると、信販会社から昔借りた借金を請求されているようでした。Nさんの記憶では、その借金は5年以上支払っていませんでした。そこで、時効援用して支払わな...

詳細を見る

借金減額&将来利息カットで60回超の分割で和解。返済月額2万7千円が9700円に。

任意整理

Aさん

30代

男性

会社員

ご相談者は借金残高が約90万円,月に2万7千円を支払っていました。今のところ自分の収入から払えてはいるものの,だんだん厳しくなってきたのでどうしたらいいか,とご相談をいただきました。

詳細を見る

過払い金700万円を回収した事例

任意整理

Aさん

50代

男性

会社員

消費者金融の借金を完済したAさん。自分にも過払金があるかどうか知りたいと思って、当事務所にご相談いただきました。

詳細を見る

支払督促が届いたが、異議申立てで時効となった事例

任意整理

Wさん

40代

男性

会社員

ご相談者は、クレジット会社から督促を受けていましたが、返事をしないままでした。 記憶では、支払わなくなって5年以上経っていました。 後日、簡易裁判所から支払督促が届きました。 その内容をみると、債権がクレジット...

詳細を見る

初回相談料無料

0358354050、受付時間 9:30〜20:00 メールでのお問い合わせ、年中無休 24時間受付中

事務所案内

事務所外観 秋葉原の債務整理 秋葉原よすが法律事務所

〒111-0053
東京都台東区浅草橋5丁目2番3号
鈴和ビル4階A
TEL:03-5835-4050
FAX:03-5835-4051

浅草橋駅西口より徒歩4分

お客様の声

お客様の声①

いつでも相談無料 借金問題の弁護士無料相談の予約専用ダイヤル 03-5835-4050 電話受付時間 平日 9:30~20:00

お気軽にご相談ください

メールでのお問い合わせ 年中無休24時間受付中