時効援用で220万円以上の債務がゼロになった事例 |東京都台東区 債務整理に注力している弁護士です 借金問題無料法律相談 秋葉原よすが法律事務所【東京弁護士会所属】

解決事例

解決事例一覧

時効援用で220万円以上の債務がゼロになった事例

任意整理

Yさん

30代

男性

自営業

相談前

Yさんは、消費者金融から借り入れた債務を支払わないまま10年以上が過ぎていました。ところがある日、消費者金融から手紙が届きました。そこには、元金を一括で支払うのと220万円を分割で支払うのとどちらがよいか、Yさんの意思を電話で伝えてほしい、という記載がありました。

相談後

当事務所で調査した結果、最後に支払ったのは確かに10年以上も前のことでした。当事務所は時効を援用し、支払義務はないと消費者金融に伝えました。その結果、消費者金融は時効を認めて220万円の債務は消滅しました。 もし電話で支払い意思を伝えてしまった場合、その後から時効援用をしても時効が認められなくなってしまう可能性があります。したがって、消費者金融に5年以上支払っていなかったのに突然手紙が来たような場合には、まずはその手紙を持参のうえで弁護士に相談すべきです。

その他の解決事例

他事務所で任意整理した後で滞納、訴えられて一括請求されたが、分割払で再和解した事例

任意整理

Nさん

20代

男性

会社員

ご相談者のもとに、借金のことで、簡易裁判所から訴状が届きました。訴訟には自分では対応できない、一括で請求されても払えないということで、当事務所にご相談いただくことになったのです。

詳細を見る

不動産担保ローン残高170万円がゼロになり過払い金を回収した事例

任意整理

Bさん

80代

女性

主婦

消費者金融業者から借入れをし,しばらくして自宅を担保に入れ借入れを続けてきて,残高は170万円ほどになっていました。そのまま約束どおりの支払いを続けることにも当面の問題はありませんでしたが,昔利率が高かったかもしれな...

詳細を見る

自己破産を回避して、190万円の債務を30万円に減額して解決した事例

任意整理

Yさん

50代

男性

会社員

Yさんのもとに、知らない業者Aの名前で、債権譲受通知書という書類が届きました。 Yさんは10年ほど前に自己破産を検討してB弁護士に相談に行ったのですが、破産申立てまではしていませんでした。 A社からの借金は時効に...

詳細を見る

220万円の債務が時効援用でゼロになった事例

任意整理

Cさん

30代

男性

自営業

業者から200万円以上の借金が残っており、支払っていないので気になるとご相談をいただきました。支払っていない債務については、裁判所から通知が届いた記憶はないということでした。

詳細を見る

初回相談料無料

0358354050、受付時間 9:30〜20:00 メールでのお問い合わせ、年中無休 24時間受付中

事務所案内

事務所外観 秋葉原の債務整理 秋葉原よすが法律事務所

〒111-0053
東京都台東区浅草橋5丁目2番3号
鈴和ビル4階A
TEL:03-5835-4050
FAX:03-5835-4051

浅草橋駅西口より徒歩4分

債務整理コラム

任意整理で合意した金額の分割や後払いは可能?

任意整理

破産管財人の仕事とは

その他

過払い金の時効に注意

過払い金

債務整理に応じない債権者への対応

任意整理

連帯保証人を請けるメリットとデメリット

その他
いつでも相談無料 借金問題の弁護士無料相談の予約専用ダイヤル 03-5835-4050 電話受付時間 平日 9:30~20:00

お気軽にご相談ください

メールでのお問い合わせ 年中無休24時間受付中