解決事例 | 東京都台東区 債務整理に注力している弁護士です 借金問題無料法律相談 秋葉原よすが法律事務所【東京弁護士会所属】

解決事例

解決事例一覧

支払督促に異議申立、時効援用の結果取下げ・債務ゼロとなった事例

任意整理

Nさん

30代

男性

自営業

相談前

支払督促が、簡易裁判所からNさんのもとに届きました。支払督促の内容を見ると、信販会社から昔借りた借金を請求されているようでした。Nさんの記憶では、その借金は5年以上支払っていませんでした。そこで、時効援用して支払わない形にできないか、ということでご相談にお越し頂きました。

相談後

支払督促に対して、当事務所で異議申立てを行いました(これにより、支払督促という手続きから、簡易裁判所での訴訟(裁判)に移行することになりました)。その後、簡易裁判所から、業者が訴訟を取り下げたという通知が当事務所に届きました。当事務所が業者に確認したところ、「時効だと認める、今後Nさんに請求することはない」という言質を取り付けることができました。支払督促で請求されていた債務はゼロという形で事件が終了したことになります。昔の借金であっても、届いた支払督促を放置してしまうと、いずれは強制執行されてしまう可能性も出てきてしまいます。業者(信販会社・クレジットカード会社、消費者金融など)からの借金を5年以上支払っておらず、そのことで裁判所から支払督促が届いた場合には、すぐに弁護士に依頼して時効援用手続きを進めていくべきです。

その他の解決事例

自宅訪問を予告されたが消滅時効援用で解決した事例

任意整理

Oさん

50代

男性

会社員

ご相談者のもとにA社から請求書が届き、このままなら自宅訪問などの対応に移るなどと記載がありました。その請求書を見ると、どうやらカード会社からの借金がA社へ移っているようでした。ご相談者の記憶では、カード会社への返済が...

詳細を見る

時効期間満了後に支払督促を取られていたが、支払ゼロで示談した事例

任意整理

Eさん

50代

男性

自営業

ご相談者のもとに債権回収会社から何度か督促状が届きました。その内容を見るとずいぶん昔の借金のことでしたので、もう時効になっているのではないかと思い、ご相談にお越し頂きました。

詳細を見る

220万円の債務が時効援用でゼロになった事例

任意整理

Cさん

30代

男性

自営業

業者から200万円以上の借金が残っており,支払っていないので気になるとご相談をいただきました。支払っていない債務については,裁判所から通知が届いた記憶はないということでした。

詳細を見る

時効で二社240万円の債務がゼロになった事例

任意整理

Iさん

50代

男性

無職

Iさんのもとに,約200万円を支払え,連絡がない場合には法的手続きを取る,という内容の請求書がA社から届きました。請求書が何度も届くので,放っておくのも怖くなり弁護士に相談することにしました。

詳細を見る

初回相談料無料

0358354050、受付時間 9:30〜20:00 メールでのお問い合わせ、年中無休 24時間受付中

事務所案内

事務所外観 秋葉原の債務整理 秋葉原よすが法律事務所

〒111-0053
東京都台東区浅草橋5丁目2番3号
鈴和ビル4階A
TEL:03-5835-4050
FAX:03-5835-4051

浅草橋駅西口より徒歩4分

債務整理コラム

手持ちがない場合でも

任意整理

任意整理を弁護士に依頼する場合の費用について

任意整理

任意整理の進み方

任意整理

任意整理について

任意整理

任意整理を司法書士に依頼する危険

任意整理
いつでも相談無料 借金問題の弁護士無料相談の予約専用ダイヤル 03-5835-4050 電話受付時間 平日 9:30~20:00

お気軽にご相談ください

メールでのお問い合わせ 年中無休24時間受付中