支払督促に異議申立、時効援用の結果取下げ・債務ゼロとなった事例 |東京都台東区 債務整理に注力している弁護士です 借金問題無料法律相談 秋葉原よすが法律事務所【東京弁護士会所属】

解決事例

解決事例一覧

支払督促に異議申立、時効援用の結果取下げ・債務ゼロとなった事例

任意整理

Nさん

30代

男性

自営業

相談前

支払督促が、簡易裁判所からNさんのもとに届きました。支払督促の内容を見ると、信販会社から昔借りた借金を請求されているようでした。Nさんの記憶では、その借金は5年以上支払っていませんでした。そこで、時効援用して支払わない形にできないか、ということでご相談にお越し頂きました。

相談後

支払督促に対して、当事務所で異議申立てを行いました(これにより、支払督促という手続きから、簡易裁判所での訴訟(裁判)に移行することになりました)。その後、簡易裁判所から、業者が訴訟を取り下げたという通知が当事務所に届きました。当事務所が業者に確認したところ、「時効だと認める、今後Nさんに請求することはない」という言質を取り付けることができました。支払督促で請求されていた債務はゼロという形で事件が終了したことになります。昔の借金であっても、届いた支払督促を放置してしまうと、いずれは強制執行されてしまう可能性も出てきてしまいます。業者(信販会社・クレジットカード会社、消費者金融など)からの借金を5年以上支払っておらず、そのことで裁判所から支払督促が届いた場合には、すぐに弁護士に依頼して時効援用手続きを進めていくべきです。

その他の解決事例

自己破産を回避して、190万円の債務を30万円に減額して解決した事例

任意整理

Yさん

50代

男性

会社員

Yさんのもとに、知らない業者Aの名前で、債権譲受通知書という書類が届きました。 Yさんは10年ほど前に自己破産を検討してB弁護士に相談に行ったのですが、破産申立てまではしていませんでした。 A社からの借金は時効に...

詳細を見る

時効援用で220万円以上の債務がゼロになった事例

任意整理

Yさん

30代

男性

自営業

Yさんは、消費者金融から借り入れた債務を支払わないまま10年以上が過ぎていました。ところがある日、消費者金融から手紙が届きました。そこには、元金を一括で支払うのと220万円を分割で支払うのとどちらがよいか、Yさんの意...

詳細を見る

過払い金700万円を回収した事例

任意整理

Aさん

50代

男性

会社員

消費者金融の借金を完済したAさん。自分にも過払金があるかどうか知りたいと思って、当事務所にご相談いただきました。

詳細を見る

カード会社2社に対し任意整理、余裕を持って支払っていける額で解決

任意整理

Kさん

50代

女性

会社員

ご相談者は2社のクレジットカードをショッピングでも利用していました。ショッピング利用が大きく、月によっては1社あたり10万円以上が銀行口座から引き落とされる状態でした。そのままでは返済負担が重く、なんとか家計を安定さ...

詳細を見る

初回相談料無料

0358354050、受付時間 9:30〜20:00 メールでのお問い合わせ、年中無休 24時間受付中

事務所案内

事務所外観 秋葉原の債務整理 秋葉原よすが法律事務所

〒111-0053
東京都台東区浅草橋5丁目2番3号
鈴和ビル4階A
TEL:03-5835-4050
FAX:03-5835-4051

浅草橋駅西口より徒歩4分

お客様の声

お客様の声①

いつでも相談無料 借金問題の弁護士無料相談の予約専用ダイヤル 03-5835-4050 電話受付時間 平日 9:30~20:00

お気軽にご相談ください

メールでのお問い合わせ 年中無休24時間受付中