ギャンブルや浪費癖のある方 |東京都台東区 債務整理に注力している弁護士です 借金問題無料法律相談 秋葉原よすが法律事務所【東京弁護士会所属】

コラム

コラム一覧

自己破産

ギャンブルや浪費癖のある方

1ギャンブルや浪費が原因の借金が返せなくなってしまったときの解決策

競馬やパチンコ、競艇などのギャンブルや、高価な買い物など身の丈に合わない支出を繰り返してしまった結果、いつのまにか借金が返しきれないほどに膨れ上がってしまうことがあります。
ギャンブルや浪費が原因の借金については、ご本人にとっても後ろめたく、なかなか周囲の人に相談しづらいため、解決策を見出すのが難しくなります。
しかし、ギャンブルや浪費が原因の借金であっても、債務整理によって問題を解決できることがありますので、ためらわずに、弁護士に相談することをおすすめします。
この記事では、ギャンブルや浪費癖が理由で借金問題を抱えてしまった方に向けて、解決方法をご説明します。
 

2借金の解決方法

ギャンブルや浪費が原因の借金問題の解決方法としては、主に次の手段があります。
 

  • ・任意整理
  • ・個人再生
  • ・自己破産

 
もっとも、それぞれの手続には様々な特色がありますので、問題のご状況によって適切な手段を選ぶ必要があります。以下に、ギャンブルや浪費癖が理由の借金問題の解決にあたって、それぞれの手続の強みと弱みについて解説します。
 

3任意整理

任意整理とは、弁護士が債権者(銀行やカード会社、消費者金融などの借入先)と交渉して、借金の返済計画や金額などを変更する手続のことです。
任意整理は、次にご紹介する自己破産や個人再生と異なり、裁判所を介さずに行う債務整理の方法なので、自由度が高いのが特徴です。任意整理にあたって、借金の原因は問題となりませんので、ギャンブルや浪費が原因であっても利用できます。
また、任意整理は、個人再生や自己破産と異なり、債務整理をしたことが「官報」という誰でも読める機関紙に掲載されませんので、絶対に誰にも知られたくないという方にもおすすめです。
もっとも、任意整理の場合、借金の総額を大きく減らすことは難しく、基本的には借金の全額を返すものと考えたほうがいいです。任意整理は、返済計画を変更し、長期間かけて少しずつ返すというプランに変更することに特徴があります。そのため、原資がなく、少しずつの返済であっても難しい方には向いていない方法となります。
 

4個人再生

個人再生は、借金が返しきれなくなってしまった方について、自己破産をせずに、返済計画を見直して借金の減額を受けながら分割弁済し、生活の再建をするための手続です。
個人再生は、自己破産と同じく、裁判所に申立てをし、それが認められることによってはじめて利用できる手続です。もっとも、次に記載するように、自己破産の場合には借金の理由がギャンブルや浪費であることがネックとなりますが、個人再生では借金の理由は問題になりません。
個人再生では、借金のほぼすべてをなしにできる自己破産と違って、一部の借金(最低弁済額)については支払わなければなりません。そのため、任意整理と同じく、返済のための原資がないという場合には利用することができなくなります。他方で、任意整理と異なり、減額される金額は大きくなります。
また、個人再生の場合、任意整理と同じく、手元の財産を手放す必要はありません。そのため、持ち家など、手放したくない財産がある方にも向いています。
 

5自己破産

自己破産は、自分の手持ち財産を原則としてすべてお金にかえて債権者への返済にあて、残った借金については免除してもらえる、裁判所を通じた手続です。
自己破産の最大のメリットは、借金のほぼ全額を免除してもらえるという点にあります。自己破産される方がめぼしい財産をお持ちでなければ、手持ち財産をお金に換える必要はありません。反対に、高額な宝石、機械、ブランド品などがある場合には、それらは手放さなければならなくなります。
ギャンブルや浪費が理由の借金について、自己破産を利用するためには1つネックになるポイントがあります。それは、ギャンブルや浪費が原因の借金であることは、自己破産において借金の免除が認められない要件(免責不許可事由)に該当してしまうのです。
では、ギャンブルや浪費が借金の原因の場合には自己破産をあきらめなければならないかと言えば、そうではありません。免責不許可事由がある場合であっても、裁判所は、破産に至った経緯その他の一切の事情を考慮して、相当と認める時には借金の免除を認めることがあります。これを「裁量免責」といいます。
破産手続きの実務においては、よほど程度のひどい場合でなければ、裁量免責が認められている傾向にあると見受けられます。もっとも、裁量免責を受けることができそうかどうかは、個々の事案によって異なりますので、弁護士とよく相談し、自己破産という手続を選択するかどうかを判断しましょう。
 

6まとめ

ギャンブルや浪費が借金の原因であっても、様々な債務整理の手段によって、借金問題を解決することができます。弁護士に相談し、あなたに合った債務整理の方法をとりましょう。

このコラムの監修者

  • 橋本 俊之
  • 秋葉原よすが法律事務所

    橋本 俊之弁護士東京弁護士会

    法学部卒業後は一般企業で経理や人事の仕事をしていたが、顔の見えるお客様相手の仕事をしたい,独立して自分で経営をしたいという思いから弁護士の道を目指すことになった。不倫慰謝料問題と借金問題に特に注力しており,いずれも多数の解決実績がある。誰にでも分かるように状況をシンプルに整理してなるべく簡単な言葉で説明することを心がけている。

その他のコラム

自己破産

借金完済後に時効援用してお金を取り戻せる?

はじめに 「消費者金融A社から借りたお金を請求されたので、一括で100万円を完済した。でもよく考えると、5年以上ずっと支払っていなかったから時効で返さなくて良かったかも。今から時効援用すれば...

自己破産

個人事業主の自己破産

個人事業主の方であっても、自己破産をすることができます。 もっとも、個人事業主の方は、個人であると同時に、事業者としての側面を持っており、非事業者の方と比べて、契約関係や財産関係が複雑である...

自己破産

何年も返済しているが元本が減っていないワケ

返し続けても減らない借金 「長い間借金を返し続けているのに、借金がなかなか減らない」 借金を返しているのに、借金の元本が減らないということがあります。その原因は、「利息」にあると考えられます...

自己破産

任意整理で合意した金額の分割や後払いは可能?

任意整理をして返済プランを見直した後、収入が減ってしまったり、出費がかさんで借金の返済に充てる分を確保するのが難しくなってしまったりする場合があります。 このような場合、いったん合意した返済...

初回相談料無料

0358354050、受付時間 9:30〜20:00 メールでのお問い合わせ、年中無休 24時間受付中

事務所案内

事務所外観 秋葉原の債務整理 秋葉原よすが法律事務所

〒111-0053
東京都台東区浅草橋5丁目2番3号
鈴和ビル4階A
TEL:03-5835-4050
FAX:03-5835-4051

浅草橋駅西口より徒歩4分

債務整理コラム

夫婦で破産してしまう理由

自己破産

任意整理から自己破産へ

自己破産

代位弁済について

その他

お客様の声

お客様の声①

いつでも相談無料 借金問題の弁護士無料相談の予約専用ダイヤル 03-5835-4050 電話受付時間 平日 9:30~20:00

お気軽にご相談ください

メールでのお問い合わせ 年中無休24時間受付中