過払い金は裁判で回収 |東京都台東区 債務整理に注力している弁護士です 借金問題無料法律相談 秋葉原よすが法律事務所【東京弁護士会所属】

コラム

コラム一覧

過払い金

過払い金は裁判で回収

1 過払い金回収は裁判をした方が得?

過払い金を回収する方法は、大きく分けて、「交渉」と「裁判」の2つがあります。
「交渉」とは、過払い金が発生している貸金業者と交渉して返金額について合意し、和解をしてお金を返してもらう方法です。対して「裁判」とは、過払い金が発生している貸金業者に対して、過払い金の返還を求める訴訟を起こして、勝訴して過払い金を回収する方法です。
実は、この2つの方法のどちらで解決するかによって、戻ってくる金額が大きくことなることがあります。裁判で過払い金を取り戻したほうが、多くお金が戻ってくる可能性が高いのです。
この記事では、裁判で過払い金を取り戻すメリット・デメリットや、過払い金請求訴訟を起こすべきケース、その訴訟のポイントを解説します。
 

2 裁判で過払い金請求をするメリット

(1) 戻ってくる過払い金が多くなる

過払い金を回収する方法として、「交渉」と「裁判」という2つの方法があることを述べましたが、裁判によって過払い金を回収する方がより多くの過払い金を取り戻せる可能性が高くなります。
なぜ、「交渉」が「裁判」かによって、戻ってくる金額に差があるのでしょうか。
それは、貸金業者が交渉において和解に応じる金額が、満額の過払い金よりも低いためです。交渉において、いくらの金額で和解に応じるかはそれぞれの貸金業者によって大きく異なりますが、おおむね過払い金の総額の8~5割程度にとどまることが多くあります。
平たく言うと、過払い金回収のための交渉においては、貸金業者は返さなければならない過払い金を値切ってくるのです。そのため、交渉では、過払い金の満額を取り戻すことが難しいのです。
それに対して、裁判では、とくに過払い金が減額されるような事情がなければ、発生している過払い金を満額回収することが可能となります。また、裁判手続内でも和解する場合においても、貸金業者側が和解に応じる金額は、交渉のときの和解金額より高い傾向にあります。
したがって、過払い金をより多く回収するには、裁判手続きが向いています。

(2) 法的な強制力がある

過払い金返還訴訟を起こした場合、過払い金が存在する場合には、勝訴判決や和解で裁判手続が終了することになります。その際に裁判所から交付される、和解調書や判決書には、法律的な強制力があります。そのため、仮に貸金業者がそれらの書面に反して過払い金を返さなかった場合には、強制執行が可能となります。貸金業者側としても強制執行を受けることは避けたいと考えるのが通常のため、自発的に支払う可能性が高くなります。
 

3 裁判で過払い金請求をするデメリット

(1) 過払い金回収までに時間がかかる

裁判による過払い金回収は、過払い金をより多く回収するという点からみると非常に優れていますが、解決にかかる期間という面からみると、交渉に劣る場合があります。
一般的に、過払い金請求の手続は、まずは交渉での回収を試み、交渉が決裂したら訴訟を提起するという流れになります。
交渉は、当事者間で和解金額(返してもらえる過払い金額)が合意に至れば、和解契約書を作成し、手続は終了します。交渉の場合は、裁判をせずに手続を完了することができるため、裁判まで行った場合と比較した場合、早期に解決する場合が多いです。
もっとも、場合によっては、裁判を起こすことで早期解決につながる場合もあります。交渉において、相手方の態度が煮え切らない場合や、レスポンスが遅いというような場合には、交渉を続けても時間だけがいたずらに過ぎてしまうことがあります。このようなときは、ある程度のところで見切りをつけ、早めに裁判に移行する方が、早期解決につながることがあります。
 

(2) 裁判を起こす手間と費用が掛かる

裁判を起こすとなれば、訴状を作成したり、証拠となる書類を提出したり、裁判所に出廷したりと、相当程度の時間と労力がかかります。弁護士に依頼している場合には、それらの作業を弁護士が行うため、ご依頼の方自身の労力という意味では小さいですが、裁判を行う分、交渉のみの場合と比較して弁護士費用が高くなります。
そのため、過払い金返還請求訴訟を行うにあたっては、その費用対効果をよく検討し、訴訟に移行すべきか否かを判断しましょう。
 

4 裁判で過払い金請求をすべきケース

以上をまとめると、過払い金を裁判で解決すべきケースとしては、次のようなものとなります。
 

  • ・貸金業者が提示する和解金額が低く、弁護士費用を加味しても裁判で回収したほうが手元に残るお金が多くなる場合
  • ・貸金業者の交渉のペースが遅いが、依頼者の方としては早期に過払い金を回収したい場合
  • ・貸金業者との交渉で取り極めた和解金額(過払い金)を払ってもらえず、強制執行による回収を検討すべき場合

 
弁護士に依頼している場合は、交渉で行くべきか、裁判を起こすべきか随時アドバイスを受けることができます。自分は裁判を起こした方がいいのだろうか?とお悩みの方は、一度弁護士にご相談ください。

このコラムの監修者

  • 橋本 俊之
  • 秋葉原よすが法律事務所

    橋本 俊之弁護士東京弁護士会

    法学部卒業後は一般企業で経理や人事の仕事をしていたが、顔の見えるお客様相手の仕事をしたい,独立して自分で経営をしたいという思いから弁護士の道を目指すことになった。不倫慰謝料問題と借金問題に特に注力しており,いずれも多数の解決実績がある。誰にでも分かるように状況をシンプルに整理してなるべく簡単な言葉で説明することを心がけている。

その他のコラム

過払い金

個人再生で減額されない債権

1個人再生をしても減らない債権がある? 個人再生をすると、借金を法律に定められた限度まで減らすことができます。 もっとも、一口に借金といっても様々な内容のものがありますが、どのような債権でも...

過払い金

任意整理を弁護士に依頼すると…

このまま返済し続けるのと任意整理する場合とを比較 任意整理を弁護士に依頼するとどうなるのでしょうか? 任意整理に興味があっても「デメリットが大きいのでは…」と不安な方もいらっしゃるかもしれま...

過払い金

任意整理を弁護士に依頼する場合の費用について

1任意整理の弁護士費用はどのくらい? 任意整理は、自分自身で行うことは難しく、弁護士に依頼してやってもらいたいという方が多くいらっしゃいます。 もっとも、弁護士に依頼したくても、弁護士費用が...

過払い金

任意整理したくない業者は弁護士に説明しなくていい?

「この業者の任意整理は考えていないので…」 「A社の任意整理を希望しますが、それ以外は考えていません。A社以外の借入れについては説明しなくていいですよね?」 そういう方がたまにいらっしゃいま...

初回相談料無料

0358354050、受付時間 9:30〜20:00 メールでのお問い合わせ、年中無休 24時間受付中

事務所案内

事務所外観 秋葉原の債務整理 秋葉原よすが法律事務所

〒111-0053
東京都台東区浅草橋5丁目2番3号
鈴和ビル4階A
TEL:03-5835-4050
FAX:03-5835-4051

浅草橋駅西口より徒歩4分

債務整理コラム

夫婦で破産してしまう理由

自己破産

任意整理から自己破産へ

自己破産

代位弁済について

その他

お客様の声

お客様の声①

いつでも相談無料 借金問題の弁護士無料相談の予約専用ダイヤル 03-5835-4050 電話受付時間 平日 9:30~20:00

お気軽にご相談ください

メールでのお問い合わせ 年中無休24時間受付中