任意整理 |東京都台東区 債務整理に注力している弁護士です 借金問題無料法律相談 秋葉原よすが法律事務所【東京弁護士会所属】

任意整理

任意整理

時効援用:払わなくていい借金かも

 5年以上返済しておらず,裁判所からの書類が届いたこともない場合には,消滅時効が完成しているかもしれません。消滅時効が完成した後に「時効援用」をすると,その借金は消滅します。もっとも,訴訟を提起され判決が出されたような場合は別です。
長い間借金を返していなかったのに突然請求が来たような場合は,弁護士に依頼して状況をきちんと調査しましょう。

消滅時効で借金が消滅するかも

次のような方は,時効援用をすることで,借金が消滅する可能性があります。

 

  • 最後に返済してから5年以上過ぎている
  • 最近になって突然請求が来た
  • 借りた業者からではなく,債権回収会社から請求が来た
  •  

  • 裁判所から判決などを取られてしまっていた場合は別です。

 

突然請求が来て動揺してしまうのも無理はありません。しかし,たとえば焦ったあなたが業者に連絡して返済義務を認めてしまうと,その後から「消滅時効だから返せない」と言ったとしても(=時効援用をしても),返済義務が残ってしまう危険性があります。

したがって,突然請求が来たという段階で,専門家に依頼してきちんと進めていくことが重要です。

消滅時効とは

貸したお金を回収する権利が時の経過により消滅することを,消滅時効といいます。「借金を5年以上全く返しておらず,業者(債権者)から裁判などをされたこともない」という場合には,消滅時効が完成しているかもしれません。

 

時効期間について

大まかにいえば,借入れ先がどこかによって,次のように分かれます。

借入先 消滅時効に必要な期間
消費者金融,信販会社,銀行など 5年 
信用金庫,奨学金,個人など 10年 

判決,支払督促確定,調停調書などがある場合,その確定時から10年を経過しないと,消滅時効は完成しません。

時効援用とは

「5年の期間が過ぎると自動的に借金が消滅する」というわけではありません。「消滅時効により借金は消滅したので,返済義務はない」ときちんと主張することが必要です。これを時効援用といいます。

時効援用の進み方

借入れた業者(債権者)に受任通知を送付します。この時点で,ご本人への事実上の取立てはストップします。
債務内容を調査し,時効援用が可能だと判断される場合には,弁護士名義で時効援用通知書を業者に送付します。

 

業者からは,たとえば「判決を取得したのでまだ時効にはなっていない」というような反論が出てくることもあります。しかし,そのような反論は全くなく,時効援用を認めてくることもよくあります。

 

時効援用が認められる場合でも,最終的にどのような形で手続きが終わるのかは,業者によってまちまちです。業者との間で「債務不存在確認書」や合意書などを取り交わすことができることもあります。「そのような書面の取り交わしはしていないが,消滅時効は認めるから今後請求は一切しない」と口頭で説明してくる業者もあります。

たとえば判決を取られており時効になっていなかったような場合など,援用が失敗したときには,返済すべき借金が残っているということになります。支払っていなかった額にもよりますが,未払いが長期間続いていたわけですから,遅延損害金を含めると相当高額になっている可能性が高いです。債権者が借金の減額に応じてくれない場合には,任意整理ではなく,自己破産や民事再生のほうがふさわしいことも多いでしょう。

初回相談料無料

0358354050、受付時間 9:30〜20:00 メールでのお問い合わせ、年中無休 24時間受付中

事務所案内

事務所外観 秋葉原の債務整理 秋葉原よすが法律事務所

〒111-0053
東京都台東区浅草橋5丁目2番3号
鈴和ビル4階A
TEL:03-5835-4050
FAX:03-5835-4051

浅草橋駅西口より徒歩4分

債務整理コラム

任意整理したくない業者は弁護士に説明しなくていい?

任意整理

任意整理と将来利息・遅延利息

任意整理

任意整理した後で滞納すると…?

任意整理

おまとめローンと任意整理

任意整理

任意整理とクレジットカード

任意整理
いつでも相談無料 借金問題の弁護士無料相談の予約専用ダイヤル 03-5835-4050 電話受付時間 平日 9:30~20:00

お気軽にご相談ください

メールでのお問い合わせ 年中無休24時間受付中