任意整理が失敗するのはどんなとき? |東京都台東区 債務整理に注力している弁護士です 借金問題無料法律相談 秋葉原よすが法律事務所【東京弁護士会所属】

コラム

コラム一覧

任意整理

任意整理が失敗するのはどんなとき?

はじめに

任意整理とは業者と分割払いの示談をすることです。

示談すること自体も重要ですが、もっと重要なのは示談どおりに完済することです。しかし、完済できずに途中で失敗してしまうこともあります。

任意整理が失敗するのはどんなときなのか、失敗しないようにするためにはどうしたらいいのかをまとめてみました。

失敗①返済能力が足りなかった

任意整理は3年ほどの期間にわたって返済し続ける手続きです。

その期間中、支払いを確実にできるかどうかが最も重要です。

「自己破産はどうしてもしたくない」からと言って、返済能力を超えた無理な任意整理をして支払いが滞ってしまったら、意味がありません。

もともと家計に余裕がなかった

「任意整理で何とか示談して一息つきたい」

「返済計画がちょっと厳しくても、返済は大丈夫だろう」

業者からの督促に追われていると、ついそう思いがちです。

しかし、家計状況をよく見つめ直すのが先決です。

そのうえで余裕のある範囲で返済できそうだという目途を立ててから、任意整理の示談をしないといけません。

目途が立たないのなら、自己破産も検討すべきです。

途中で余裕がなくなった

任意整理の示談をした後で収入が減ったり失業したりすることもありえます。

そうなると今度は自己破産を検討しなければならなくなります。

任意整理は、一般的には3年程度の分割支払いとなります。

場合によってはもっと長期の分割に業者が応じてくれることもあります。

任意整理の分割回数を長くすれば、月の支払い額が下がるというメリットはあります。

しかしその反面、途中で家計状況が激変するかもしれないリスクを抱えてしまいます。

できれば援助のあてを

長い分割返済の期間中に収入が減るなどのリスクもあります。

可能であれば万一に備え、両親や親族など援助のあてをつけておくべきでしょう。

援助といっても、何も1回目の支払いからお金を工面してほしいというのではなくて、あくまであなたが失業したり万一のことがあったりした場合の手助けということであれば、応じてくれやすくなるのではないでしょうか。

失敗②業者が長期分割に応じてくれなかった

任意整理に業者が応じる義務はありません。

任意整理は、あくまで業者と弁護士が自由な立場で交渉して示談ができたなら、そのとおりに支払っていくというものです。

したがって、業者が応じてくれなければ任意整理には失敗してしまいます。

社の方針で分割に応じない業者

業者の多くは分割払いの交渉に応じてくれます。

しかし中には、極端な話、一括支払いでないとダメというような業者も存在します。

返済能力・意思を信じてくれなかった

任意整理で分割払いの交渉に応じてくれるとしても、何回までの分割に応じてくれるのかは、あなたの状況によっても変わってきます。

業者は、あなたの状況を踏まえて支払い能力を判断します。

例えば高齢の方よりは働き盛りの方のほうが、勤続年数の短い方よりは長い方のほうが、支払い能力は高いと判断されることが多いでしょう。

業者からは、どこでどういう仕事をしているのか勤務先の情報を開示してほしい、などと要求されることもあります。

あるいは業者から借りて一回も返済していないのに任意整理をしたいという場合、返済実績が全くないわけですから、任意整理で示談しても本当に返済してもらえるのかと業者に疑われてもやむをえないでしょう。

返済能力・意思を信じてもらえないと長期分割に応じてもらえなくなります。ということは月の返済金額もあまり下がらないということです。

そうなると返済能力を超えてしまい、任意整理の示談ができないことになりかねません。

失敗③弁護士に辞任されてしまった

弁護士との契約で着手金などを支払う約束だったのにきちんと支払わなかったり、弁護士から指示されたことを守らなかったりしたような場合には、信頼関係が崩壊したということで辞任されてしまうことがあります。

せっかく弁護士が受任通知を業者に出して督促が止まったのに、業者が辞任を知って、督促を復活させてしまうことになりかねません。

まとめ

任意整理が失敗しないように、まず示談する前に、長期間にわたって返済していけるかどうかを家計状況から慎重に判断しなければなりません。

任意整理の交渉の中では、業者に勤務先などの情報開示をすることで、支払能力・意思を示すことが必要になることもあります。

任意整理は長期分割支払いの示談をするものですので、長期にわたってきちんと支払っていける、約束を守っていけるというのを示さないといけません。

弁護士との信頼関係を損ねて辞任されてしまうというのは論外ですし、誠実な対応が求められます。

任意整理ができそうかどうかは、債務状況や家計状況などを正直に弁護士に説明して、判断してもらいましょう。

このコラムの監修者

  • 橋本 俊之
  • 秋葉原よすが法律事務所

    橋本 俊之弁護士東京弁護士会

    法学部卒業後は一般企業で経理や人事の仕事をしていたが、顔の見えるお客様相手の仕事をしたい,独立して自分で経営をしたいという思いから弁護士の道を目指すことになった。不倫慰謝料問題と借金問題に特に注力しており,いずれも多数の解決実績がある。誰にでも分かるように状況をシンプルに整理してなるべく簡単な言葉で説明することを心がけている。

その他のコラム

任意整理

借金 を返せないと思ったら、どうしたらいい?

はじめに 「借金 を返せないかも…」 そんな方は決して少なくありません。 最初のうちは、「ちょっとだけ、給料日まで乗り切るつなぎで」と思っていたのに。 気づいたら借金 が膨れ上がってしまっ...

任意整理

期限の利益喪失とは

1 期限の利益喪失の定めがある契約 任意整理において、債権者との間で交渉がまとまり、和解ができた場合には、和解契約書を作成します。 その和解契約書の中には、期限の利益喪失についての定めが設け...

任意整理

ブラックリストって何?

「ブラックリスト」という名前のものはありません。 「債務整理をするとブラックリストに載って借金できなくなる」というような話を聞いたことがあるかもしれません。しかし、ブラックリストという名前の...

任意整理

自己破産の進み方

1 自己破産制度とは (1) 概要 自己破産とは、借金がかさんでしまい生活が苦しくなり、借金の返済が難しくなってしまったときに、裁判所を通じて債権者(借入先)に手持ちの財産を分配し、借金をな...

初回相談料無料

0358354050、受付時間 9:30〜20:00 メールでのお問い合わせ、年中無休 24時間受付中

事務所案内

事務所外観 秋葉原の債務整理 秋葉原よすが法律事務所

〒111-0053
東京都台東区浅草橋5丁目2番3号
鈴和ビル4階A
TEL:03-5835-4050
FAX:03-5835-4051

浅草橋駅西口より徒歩4分

債務整理コラム

任意整理で合意した金額の分割や後払いは可能?

任意整理

破産管財人の仕事とは

その他

過払い金の時効に注意

過払い金

債務整理に応じない債権者への対応

任意整理

連帯保証人を請けるメリットとデメリット

その他
いつでも相談無料 借金問題の弁護士無料相談の予約専用ダイヤル 03-5835-4050 電話受付時間 平日 9:30~20:00

お気軽にご相談ください

メールでのお問い合わせ 年中無休24時間受付中