破産とは(用語集) |東京都台東区 債務整理に注力している弁護士です 借金問題無料法律相談 秋葉原よすが法律事務所【東京弁護士会所属】

コラム

コラム一覧

自己破産

破産とは(用語集)

破産=財産の清算

破産手続というのは、破産法の定めるところにより、債務者(=借金を抱えている人)の財産を清算する手続のことをいいます(破産法2条)。

「破産すると借金がなくなる」といわれることがあります。しかしもう少し正確にいえば、借金を払わなくてよいと裁判所に認めてもらう(=免責許可をもらう)手続は「免責手続」といって、破産手続とは別の手続きです。免責許可の申立てをするためには、破産手続が進められていることが前提になっています(破産法248条)。

(備考)東京地裁の個人破産の申立書は「破産手続開始・免責許可申立書」とされており、破産手続開始と免責許可とを同時に申し立てる形になっています。

個人の債務者にとっては、破産手続をする目的は(破産それ自体というよりは免責許可をもらって)借金をなくすためです。「自己破産の手続きをしたのに免責が認められず、借金が残ってしまった」というのでは破産手続をした意味がありません。免責不許可とならないように、誠実に手続を進めていくことが重要になります。

このコラムの監修者

  • 橋本 俊之
  • 秋葉原よすが法律事務所

    橋本 俊之弁護士東京弁護士会

    法学部卒業後は一般企業で経理や人事の仕事をしていたが、顔の見えるお客様相手の仕事をしたい,独立して自分で経営をしたいという思いから弁護士の道を目指すことになった。不倫慰謝料問題と借金問題に特に注力しており,いずれも多数の解決実績がある。誰にでも分かるように状況をシンプルに整理してなるべく簡単な言葉で説明することを心がけている。

その他のコラム

自己破産

個人再生のメリット全般(破産を避けたい方)

1 個人再生の特色 個人再生は、裁判所を通じて行う手続で、借金を減らしたうえで、3~5年の期間をかけて分割して返済していく方法です。 個人再生には様々な特色があり、場合によっては、様々な事情...

自己破産

予納金はいくら必要?

1 破産のときに必要となる「予納金」とは 破産手続は、裁判所を通じて行う手続であるため、一定の手続費用を裁判所に支払わなくてはなりません。こうした手続費用の中には、申立手数料、予納郵券、予納...

自己破産

任意整理ができないケースはあるの?対処法は?

1任意整理ができないケースもある? 任意整理は、借金の返済に困っている方に有効な救済方法(債務整理手段)の1つです。 しかし、常に任意整理ができるわけではありません。 任意整理することができ...

自己破産

連帯保証人を請けるメリットとデメリット

不動産の賃貸借契約や、住宅ローン・奨学金・貸金業者からの多額の借入れをするにあたっては、連帯保証人を付けなければ契約ができない場面があります。 身内や知り合いから、「連帯保証人になってくれな...

初回相談料無料

0358354050、受付時間 9:30〜20:00 メールでのお問い合わせ、年中無休 24時間受付中

事務所案内

事務所外観 秋葉原の債務整理 秋葉原よすが法律事務所

〒111-0053
東京都台東区浅草橋5丁目2番3号
鈴和ビル4階A
TEL:03-5835-4050
FAX:03-5835-4051

浅草橋駅西口より徒歩4分

お客様の声

お客様の声①

いつでも相談無料 借金問題の弁護士無料相談の予約専用ダイヤル 03-5835-4050 電話受付時間 平日 9:30~20:00

お気軽にご相談ください

メールでのお問い合わせ 年中無休24時間受付中