コラム |東京都台東区 債務整理に注力している弁護士です 借金問題無料法律相談 秋葉原よすが法律事務所【東京弁護士会所属】

コラム

コラム一覧

その他

期限の利益喪失とは

1 期限の利益喪失の定めがある契約

任意整理において、債権者との間で交渉がまとまり、和解ができた場合には、和解契約書を作成します。
その和解契約書の中には、期限の利益喪失についての定めが設けられていることがほとんどです。
この期限の利益喪失については、任意整理の和解契約以外にも、住宅ローンの契約など、借金の分割払いの約束には付されていることが多い規定となります。
 

2 期限の利益とは

期限の利益とは、期限が到来しないことによって、当事者が受ける利益のことをいいます。
お金の貸借りに即していえば、借主が、返済期限が来るまでは借りたお金を返さなくてよく、自由に使えるという利益を受けています。
また、お金の貸主は、借主に対して、法律上、本来は一括払いで借金を返すように請求できます。しかし、分割払いの場合は、一括払いの場合と比較して、お金をいっぺんに返さずに時間をかけて少しずつ返すということになるので、お金を返すまでの時間の猶予があるという期限の利益を受けていることになるのです。
 

3 期限の利益を喪失すると法律上どうなる?

期限の利益とは、支払いまでに時間をもらえるということですが、貸主としては、お金をきちんと返してくれない人に対しては、そのような利益を与えないことがあります。
すなわち、返済計画どおりにきちんと返済する人に対しては期限の利益を与えますが、返済が遅れた人に対しては、本来の期限を待たずに直ちに一括の返済を求めるのです。
このように、猶予されていた期間を失うことを、期限の利益の喪失といいます。
 

4 民法に定められた期限の利益の喪失

民法では、法律上当然に期限の利益を喪失する場合として、次の3つを事由を定めています。
 

  • 1.債務者が破産手続開始の決定を受けたとき。
  • 2.債務者が担保を滅失させ、損傷させ、又は減少させたとき。
  • 3.債務者が担保を供する義務を負う場合において、これを供しないとき。

 
上記のように、借金の返済期限が到来する前であっても、債務者の信用が低下するような事情が発生した場合には、債務者は期限の利益を喪失し、債権者は債務者に対してすぐに一括弁済するように請求することができます。
 

5 任意整理と期限の利益喪失約款

任意整理の和解契約の中には、次のような期限の利益喪失についての定めが設けられていることが多くあります。
 

〈例〉
借主が、第〇条の分割金の支払いを2回分以上怠ったときは、当然に期限の利益を喪失し、第1項記載の金員から、既払金を控除した残額に対し、期限の利益喪失日の翌日から完済に至るまで、年14.6%の割合による遅延損害金を付加して一時に支払う。

 
任意整理の和解条項においては、上記のように、2回(分)以上の滞納があった場合には期限の利益を喪失するという定めを設けることが多くあります。
例えば、100万円を月々5万円ずつ返済する和解契約において、上記の例の条項がある場合、10万円以上滞納した場合は、支払い済みの金額を除いた残額については、貸主から何も請求がなくても(=当然に)一括で返さなければなりません。
また、上記の例文のように、期限の利益喪失と合わせて、遅延損害金も加算されているコースが多くありますので、支払いが遅れると、負債の額が膨らんでしまうので要注意です。
 

6 実際の債権者の対応

では、期限の利益を喪失した場合に、債権者が直ちに一括弁済を求めてくるかというと、必ずそうともいいきれません。
もちろん、法律上は期限の利益を喪失した以上、貸主としては一括弁済を求める権利を持っていますが、延滞の程度が軽微な場合には、その権利を行使しないこともあります。なので、支払い期限より数日遅れてしまったなどの場合には、できるだけ早く支払いを再開し、その後期限に遅れないように気を付けましょう。
延滞の期間が長く、そして滞納している金額が多くなればなるほど、一括返済を求められるリスクは高くなります。もちろん、軽微な滞納の場合であってもすぐに一括弁済を求められることはありますので、支払いが遅れないように注意しましょう。
 

7 債権者から期限の利益喪失を主張されたら

期限の利益を喪失し、債権者から一括払いの請求が来たら、どのように対応すべきでしょうか。
すぐに一括で支払えるのであれば問題ありませんが、多くの方はすぐにまとまったお金を用意することは難しい状況でしょう。
そのような場合には、できるだけ早いタイミングで弁護士に相談しましょう。
さまざまな債務整理の方法がありますので、その中から、弁護士と相談のうえ、もっともあなたに合った方法をとることができます。
 

8 まとめ

この記事では、期限の利益の喪失について、具体的な事例も交えて解説いたしました。お金を借りたときには期限の利益喪失約款が含まれていること多くあります。契約内容をよく確認し、突然一括弁済を請求された!という事態にならないようにしましょう。
もし、期限の利益を喪失してしまったという場合には、お早めに弁護士にご相談ください。

このコラムの監修者

  • 橋本 俊之
  • 秋葉原よすが法律事務所

    橋本 俊之弁護士東京弁護士会

    法学部卒業後は一般企業で経理や人事の仕事をしていたが、顔の見えるお客様相手の仕事をしたい,独立して自分で経営をしたいという思いから弁護士の道を目指すことになった。不倫慰謝料問題と借金問題に特に注力しており,いずれも多数の解決実績がある。誰にでも分かるように状況をシンプルに整理してなるべく簡単な言葉で説明することを心がけている。

その他のコラム

その他

自己破産すると家族に影響する?

 はじめに 「自己破産すると家族に影響がありますか?」というご質問をいただくことがあります。家族に影響があるかどうか、あるとしてどこまでの影響があるのかは、ご相談者の置かれている状況によって...

その他

借金の時効援用:借金が時効になる条件

借金の時効消滅(時効援用) 「その借金はもう時効だ」といったセリフをドラマや小説で耳にされたこともあるでしょう。借金を業者(貸主)に返す義務(債務)は、長い期間が経つと、時効で消滅することが...

その他

破産とは(用語集)

破産=財産の清算 破産手続というのは、破産法の定めるところにより、債務者(=借金を抱えている人)の財産を清算する手続のことをいいます(破産法2条)。 「破産すると借金がなくなる」といわれるこ...

その他

同時廃止を狙います!

1同時廃止のメリット 破産手続きについては、「同時廃止事件」と「破産管財事件」に大別されます。 破産管財事件では、破産管財人が破産する方の財産の換価・配当などを行います。対して、同時廃止事件...

初回相談料無料

0358354050、受付時間 9:30〜20:00 メールでのお問い合わせ、年中無休 24時間受付中

事務所案内

事務所外観 秋葉原の債務整理 秋葉原よすが法律事務所

〒111-0053
東京都台東区浅草橋5丁目2番3号
鈴和ビル4階A
TEL:03-5835-4050
FAX:03-5835-4051

浅草橋駅西口より徒歩4分

債務整理コラム

債務整理後に発覚した借金の取り扱い

任意整理

期限の利益喪失とは

その他

5年経ってから支払督促をとられた。時効援用できる?

その他

何年も返済しているが元本が減っていないワケ

その他

任意整理のポイント

任意整理
いつでも相談無料 借金問題の弁護士無料相談の予約専用ダイヤル 03-5835-4050 電話受付時間 平日 9:30~20:00

お気軽にご相談ください

メールでのお問い合わせ 年中無休24時間受付中