免責(用語集) |東京都台東区 債務整理に注力している弁護士です 借金問題無料法律相談 秋葉原よすが法律事務所【東京弁護士会所属】

コラム

コラム一覧

自己破産

免責(用語集)

免責=「借金がなくなること」

免責とは、ごく一言でいえば「借金がなくなること」です。もう少し細かく説明すると、破産手続を経ても返済しきれなかった債務について、返済する責任から免れさせてもらうというのが免責です。自己破産の手続を進めていって裁判所が免責許可決定をし、免責許可決定が確定すると、返済する責任がなくなります。

自己破産の手続きと免責の手続きとは厳密に言えば違うものですが、自己破産をする目的は免責をもらうことです。免責手続は破産手続が前提になっている(破産法248条)ので、破産せずに免責許可決定が出されることはありません。

免責許可が確定した場合、「借金を返済する責任はなくなるが、借金自体が消えてなくなるわけではない」と理解されています。もっともその借金は、強制執行などで取立てられることはありません(自然債務といいます)。免責許可が確定した後で仮に訴えられたり強制執行されたりして請求を受けた場合でも、免責を受けて確定したと反論立証すれば、請求を退けることができます。もっとも、「A社から借りていた借金を払えず自己破産となった。破産手続きの中で、A社から借入れがあることをきちんと申告していた」という場合には、A社が免責後に請求してくるということはまず無いと思われます。

免責許可決定が確定しても支払う責任がなくならない、という債務もあります(非免責債権)。租税等の請求権や婚姻費用がその典型です。

このコラムの監修者

  • 橋本 俊之
  • 秋葉原よすが法律事務所

    橋本 俊之弁護士東京弁護士会

    法学部卒業後は一般企業で経理や人事の仕事をしていたが、顔の見えるお客様相手の仕事をしたい,独立して自分で経営をしたいという思いから弁護士の道を目指すことになった。不倫慰謝料問題と借金問題に特に注力しており,いずれも多数の解決実績がある。誰にでも分かるように状況をシンプルに整理してなるべく簡単な言葉で説明することを心がけている。

その他のコラム

自己破産

任意整理が失敗するのはどんなとき?失敗しないための方法

はじめに 任意整理は、利息をカットして借金の負担を圧縮し、分割払の方向で話し合っていきます。返済額を見直して、無理なく支払っていける形を目指していくわけです。 任意整理を失敗しないために、気...

自己破産

破産管財人の仕事とは

1 破産管財人とは 破産管財人とは、破産手続において、破産する方の財産の管理をしたり、処分してお金に換え、債権者(=破産する人にお金を貸していた人)に配当したりする権限を持つ人のことです。破...

自己破産

債務整理後に他の借金があると分かったら、どうしたらいい?

1 債務整理後に他の借金が分かったら? 債務整理をして、借金問題を解決し、新しい生活への一歩を踏み出しました。ところが、後で他の借金が発覚することがあります。   「X社は何年も前...

自己破産

債務整理を家族にバレずに進めることはできる?

1 債務整理を家族にバレたくない・・・ 「カードローンの返済が厳しくなってきた・・・」 「消費者金融の返済が滞り、督促が来ている・・・」   債務整理(任意整理、自己破産、個人再生...

初回相談料無料

0358354050、受付時間 9:30〜20:00 メールでのお問い合わせ、年中無休 24時間受付中

事務所案内

事務所外観 秋葉原の債務整理 秋葉原よすが法律事務所

〒111-0053
東京都台東区浅草橋5丁目2番3号
鈴和ビル4階A
TEL:03-5835-4050
FAX:03-5835-4051

浅草橋駅西口より徒歩4分

お客様の声

お客様の声①

いつでも相談無料 借金問題の弁護士無料相談の予約専用ダイヤル 03-5835-4050 電話受付時間 平日 9:30~20:00

お気軽にご相談ください

メールでのお問い合わせ 年中無休24時間受付中