おまとめローンと任意整理はどちらのほうが有利? |東京都台東区 債務整理に注力している弁護士です 借金問題無料法律相談 秋葉原よすが法律事務所【東京弁護士会所属】

コラム

コラム一覧

任意整理

おまとめローンと任意整理はどちらのほうが有利?

はじめに

「おまとめローンを組むのと、任意整理をするのとどちらがいいですか?」

債務整理の法律相談の中で、おまとめローンについて質問されることが何度かありました。

おまとめローンを使って借金を一本化して返済していくのと、任意整理を弁護士に依頼して返済していくのと、比較するとどのような違いがあるのでしょうか?

ごく簡単にいえば、おまとめローンはブラックリストに載らないというメリットはあります。しかし、任意整理の方が、返済総額を減らせる可能性が高いため有利です。

以下、もう少し細かく見ていきましょう。

おまとめローンとは?

おまとめローンは、複数の借入れを一本化するためのローンです。

たとえば、消費者金融Aから100万円、Bから60万円、Cから40万円の借金があるとします。そして、D銀行でおまとめローンを組むとします。

D銀行から200万円を借りる→消費者金融Aに100万円、Bに60万円、Cに40万円を返済して3社の借金を完済する→3口の借金が1口に一本化される、というものです。以後はD銀行にだけ返済していけばよい、ということになります。

おまとめローンは消費者金融などでも取り扱っており、利率や審査の厳しさなどは各社で異なります。

おまとめローンイメージ

おまとめローンのメリット

おまとめローンの主なメリットとしては、次のようなものがあります。

支払いの管理が簡単になる

借入先が増えると、どうしても管理が煩雑になります。返済日・引落し日が異なっており、うっかり支払いを忘れてしまうこともあるでしょう。おまとめローンで一本化すれば、管理の手間は楽になります。

利率が低くなる可能性がある

一般的には、借りる額が大きくなると利率も低くなることが多いです。そのため、おまとめローンによって利率が低くなる可能性があります。

月々の返済額が低くなる可能性がある

おまとめローンによって、月々の返済額が低くなる可能性もあります。契約前にシミュレーションをしてもらいましょう。

ブラックリストに載らない

おまとめローンは新しい借入れでこれまでの借金を完済するものですので、おまとめローンを組んだからといってブラックリストに載ることはありません(もちろん、おまとめローン自体を滞納した場合は別問題です)

おまとめローンの注意点
審査が厳しい

おまとめローンは審査が厳しいと言われているようです。「おまとめローンが通らなかったので債務整理を考えたい」というご相談を受けることも、実際多いです。

利息があまり下がらないかもしれない

消費者金融A社などから借入れたのが最近の場合、おまとめローンを組むメリットが小さいこともあります。

消費者金融からの借入れ利率がとても高かった時代も以前にはありました。しかし、おおむね平成20年ころ以降に初めて借りた方の場合、もともと利息制限法以下の利率で借りていることも多いです。その場合には、おまとめローンを組んでも利率があまり下がらないことがあります。

なお、平成20年ころより前から消費者金融から借りていた方は、利息を支払い過ぎている可能性があります。おまとめローンを組んだだけだと過払い金の回収はできません。別途「おまとめローンで完済したA、B、C社に対する過払い金請求に着手する」ということが必要です。

返済期間が長くなる可能性がある

おまとめローンで月々の返済額が低くなったとしても、その代わりに返済期間が長くなる可能性もあります。

追加借入れができない

おまとめローンは複数の借入れをまとめるためのものです。先の例でいえば、消費者金融A、B、Cからの合計200万円の債務を完済するためのローンです。3社に完済した後でお金が必要になったからといって、おまとめローンでさらに借入れをすることはできません。

まとめた意味がなくなるかも

そのため、おまとめローンを組んで完済した業者などから再度借入れないように、注意しなくてはいけません。

消費者金融A、B、Cからの借金をきれいにするためD銀行から借りたのに、またA社から借りてしまったというのでは、おまとめローンを組んだ意味が全くありません。単に借金を増やしただけです。

任意整理とは?

任意整理は、弁護士が借入先の業者それぞれと交渉していきます。基本的には、将来発生する利息をカットしたうえで分割払となるように、各社と交渉していきます。

任意整理のイメージ

 

おまとめローンと任意整理の比較

主に以下の点で違いがあります。

  1. 完済までの利息がつくか
  2. 過払金が戻ってくるか(支払過ぎた利息の分だけ減額できるか)
  3. ブラックリストに載るか
おまとめローンの場合

おまとめローン自体が利息のつく借入れですので、今後も利息を払っていくことになります。消費者金融A、B、C社の利率よりもD銀行の利率のほうが低ければ、その分だけ利息の負担は減ることになります。

消費者金融A、B、C社との取引で利息の支払い過ぎがあるとしても、過払い金が自動的に戻ってくるわけではありません。借金の残高が減るわけでもありません。過払い金を回収したいなら、おまとめローンの借入れとは別に「完済したA、B、C社に対する過払い金請求」をする必要があります。

おまとめローンを組むこと自体が理由でブラックリストに載ることはありません。

任意整理の場合

A、B、C社に対する任意整理では、原則として、将来発生する利息をカットすることができます。

また、A、B、C社との取引で利息の支払い過ぎがある場合には、借金残高が減額できたり、過払い金を取り戻せたりすることがあります。

その反面、任意整理を行うことで、ブラックリストに載ることになります。

 

まとめ

おまとめローンで借金を一本化することにもメリットはあります。しかし、おまとめローンの審査が通らないこともあります。

おまとめローンを組むことができても、せっかく完済したのに再度借入れてしまい、借金を増やしただけに終わることも少なくありません。まとめる先の債務が最近借りたものである場合、利率が下げるとしても、それほど大きなメリットにならない可能性もありえます。

これに対して任意整理を弁護士が行う場合、引き直し計算により利息の支払い過ぎがあるかどうかをまず確認します。もし支払い過ぎがあれば債務減額が可能となり、多くの場合、減額後の債務を利息無しでおおむね36回~60回の分割で支払えばよいことになります。そのため、利息がつくおまとめローンを返済していくよりも、経済的負担が軽くなる可能性が高いです。

「ブラックリストに載るのは避けたい、住宅ローンや車のローンを組む予定が近々あるから…」という方もいらっしゃるかもしれません。

しかしそうした事情がないのであれば、任意整理で債務完済に向け着実に進めていくほうが、経済的メリットは大きいように思われます。

関連記事 任意整理

このコラムの監修者

  • 橋本 俊之
  • 秋葉原よすが法律事務所

    橋本 俊之弁護士東京弁護士会

    法学部卒業後は一般企業で経理や人事の仕事をしていたが、顔の見えるお客様相手の仕事をしたい,独立して自分で経営をしたいという思いから弁護士の道を目指すことになった。不倫慰謝料問題と借金問題に特に注力しており,いずれも多数の解決実績がある。誰にでも分かるように状況をシンプルに整理してなるべく簡単な言葉で説明することを心がけている。

その他のコラム

任意整理

任意整理を弁護士に依頼する場合の費用について

1任意整理の弁護士費用はどのくらい? 任意整理は、自分自身で行うことは難しく、弁護士に依頼してやってもらいたいという方が多くいらっしゃいます。 もっとも、弁護士に依頼したくても、弁護士費用が...

任意整理

連帯保証人を請けるメリットとデメリット

不動産の賃貸借契約や、住宅ローン・奨学金・貸金業者からの多額の借入れをするにあたっては、連帯保証人を付けなければ契約ができない場面があります。 身内や知り合いから、「連帯保証人になってくれな...

任意整理

個人再生を弁護士に依頼するメリット

1個人再生は自分でもできる? 個人再生をしたいけれど、弁護士に頼むとお金もかかるし、弁護士を探す時間もないし、自分でやってみようかとお考えの方もおられると思います。 個人再生という手続は、弁...

任意整理

任意整理を家族に秘密でしたい…それって可能?

はじめに 「任意整理をしたいけれど、家族に知られるのが心配だ」 「任意整理したことは、家族に秘密にしておきたい…」 そういう方はしばしばいらっしゃいます。 任意整理は、基本的には家族に秘密で...

初回相談料無料

0358354050、受付時間 9:30〜20:00 メールでのお問い合わせ、年中無休 24時間受付中

事務所案内

事務所外観 秋葉原の債務整理 秋葉原よすが法律事務所

〒111-0053
東京都台東区浅草橋5丁目2番3号
鈴和ビル4階A
TEL:03-5835-4050
FAX:03-5835-4051

浅草橋駅西口より徒歩4分

お客様の声

お客様の声①

いつでも相談無料 借金問題の弁護士無料相談の予約専用ダイヤル 03-5835-4050 電話受付時間 平日 9:30~20:00

お気軽にご相談ください

メールでのお問い合わせ 年中無休24時間受付中